消費者金融アイアムで返済の遅れ、利息18%の破壊力


アイアムで返済遅れ……3年放置した時の利息の怖さ

消費者金融アイアムでは、年率18%の利息で最大50万円の融資をおこなっています。利息が年率18%というのは、実際どの程度の負担になるのでしょうか?借入金50万円で、3年間返済が遅れた場合の借金総額を計算してみました。

 

 

【アイアムで3年間返済が遅れると……借金総額はいくらになる?】

 

まず1年間分の利息を計算します。

 

 

50万円×18%=9万円

 

 

年率18%だと、1年間で9万円の利息が加算されることになります。

 

 

これが3年間返済が遅れるわけだから、

 

 

9万円×3=27万円

 

 

利息だけで27万円、なんと借金元本の半分以上の利息が加算されてしまうわけです。

 

 

さらに、増えるのはこれだけではありません。遅延損害金が年率20%加算されます。

 

 

50万円×20%=10万円

 

 

10万円×3=30万円

 

 

3年間の滞納で30万円の遅延損害金が課せられてしまいます。

 

 

利息と遅延損害金を合わせると57万円になり、なんと、もともとあった借金より多い利息分が課せられてしまうというわけです。

 

 

少額でも放置するとかなり増える?

 

少額でも、放置するとかなり増えますね。

 

 

例えばアイアムで10万円だけ借入れをしたとして、3年間返済が遅れると、

 

 

10万円×18%=18000円

 

 

18000円×3=54000円

 

 

5万4000円が利息分。これと遅延損害金が加算されますので、

 

 

10万円×20%=2万円

 

 

2万円×3=6万円

 

 

遅延損害金6万円と利息5万4000円を合わせると、11万4000円の利息を支払わなくてはいけなくなります。少額の借入れでも、3年間放置すると、倍以上になるということですね。

 

 

当然、これは利息分であり、借金元本の10万円を減らさない限り、延々と加算されていくものです。

 

 

 

時効狙いと債務整理、どっちがいい?

 

貸金業者から借りたお金は、5年間放置されていると返済の義務が無くなります。これを商事消滅時効といい、金融機関や消費者金融などから借りたお金に適用される法律です。

 

 

5年経過して債務者が時効の援用(時効を主張する)をおこなえば、時効が正式に認められます
※知人、親、友人などの一般人から借りたお金は10年(民事消滅時効)

 

 

ただし、債権者が督促状を送ったり、裁判所を通した差押えなどの法的手続きをすれば、時効までに経過した期間は、直ちに中断してしまいます。つまり、借金は消えないということですね。

 

 

ですから、どうしても返せなくなった場合は、債務整理をしたほうが後々困らないと思います。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

消費者金融アイアムで返済の遅れ、利息18%の破壊力 消費者金融アイアムで返済の遅れ、利息18%の破壊力



消費者金融アイアムで返済の遅れ、利息18%の破壊力 消費者金融アイアムで返済の遅れ、利息18%の破壊力