ケンファイナンスで返済が遅れた300万円、給与差押えはあるの?


ケンファイナンスで300万円の返済遅れ!給与がとられる?

消費者金融のケンファイナンスでは、年率2〜20%の利息で最高300万円の融資をおこなっています。

 

 

もし、ケンファイナンスで300万円を借りて、返済が遅れたら、給与差押えをされるのでしょうか?また、差押えされるとしたら、いくら押えられるのでしょうか?消費者金融の給与差押えについて調べてみました。

 

 

【返済が遅れたら給与差押えされるの?】

 

返済が遅れたからといってすぐに差押えされるわけではありません。まずは、メールや電話で返済の催促が来るでしょう。

 

 

その催促を無視して、3ヶ月以上返済が滞った段階で、給与差押えの手続きがおこなわれる可能性が高くなります。

 

 

いくら差押えされるのかというと、手取り給与が44万円以下の場合、その4分の1の金額が差押えの対象となります。例えば、手取りで20万円給与があれば、5万円が差押え可能なお金です。

 

 

ただし、手取りで44万円以上ある場合は、33万円を超えた分のお金がすべて差押えられます。

 

 

仮に、手取りで100万円の給料がある場合は、67万円が差押えられてしまうということです。
※手取り給与というのは、社会保障費用や税金などの法定控除額を差し引いた金額のことです。サラリーマンであれば、その月に現金で振り込まれる給料分のこと。

 

 

貯金がある場合はどうなる?

 

貯金がある場合は、貯金が先に差押えられることもあります。給与とどちらが先に差押えられるかはケースバイケースですが、仮に、債務を全額返済できるほどの貯金がある場合は、先にそれが押えられるかもしれません。

 

 

ちなみに、給与は4分の1までの差押えですが、銀行の預金口座に入った段階で、全額差押えが可能です。そもそも、給与の差押えは勤めている会社の給与を押えます。銀行口座に給与が振り込まれた後ではありません。

 

 

返済遅れで家電や家具、マイカーはどうなる?

 

回収できる現金資産が無ければ、土地、自動車、家電、家具などの物件が差押えの対象になるでしょう。債権者は、回収した物件を競売にかけ、現金に換えて債権の回収をおこないます。

 

 

ここまでになると、債務者もかなり火だるまの状態なので、開き直ってやり直す気概を持ち、自己破産などの債務整理も考慮した方がいいと思います。

 

 

長引くと、残った債権に利息が掛かってきますし、何も無くなっているわけですから、借金が足枷になってしまい、再起が難しくなるでしょう。できれば、そうなる前に任意整理で、資産を残したままでも、返済を見直してもらえるよう交渉することが大事ですね。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ケンファイナンスで返済が遅れた300万円、給与差押えはあるの? ケンファイナンスで返済が遅れた300万円、給与差押えはあるの?



ケンファイナンスで返済が遅れた300万円、給与差押えはあるの? ケンファイナンスで返済が遅れた300万円、給与差押えはあるの?