ユニズムで不動産担保ローン5000万円の返済遅れ!どうなるの?


ユニズムで5000万円の返済遅れ!今後の債権回収はどうなる?

消費者金融のユニズムでは、最大5000万円まで借入れ可能な不動産担保ローンを提供しています。

 

 

こういった担保物件がある債務の場合、返済が遅れると、どういった流れで債権が回収されていくのでしょうか?

 

 

不動産が競売にかけられるまでの流れを、調べてみました。

 

 

【不動産が競売にかかるまでの期間は?】

 

競売にかかるまでの期間は、返済が滞ってから3ヶ月以降です。長くて半年から1年ぐらいまで、猶予があることもあります。返済が滞って、すぐに差し押さえられるようなことはありません。

 

 

公的な競売にかかると、かなり安い価格で叩かれますので、普通はその前に債権者の合意の上で、担保物件を任意売却することになります。

 

 

任意売却で売れなければ、競売という形で換金されるのですが、ほとんどが債務元本を割ってしまうという悲惨な事態になるので、任意売却で換金を終えるということがかなり重要です。

 

 

 

万が一競売になってしまうと、本当に二束三文の値段で買い叩かれてしまいます。そうなる前に、任意売却がうまくいくよう、債務者自らが掃除をして、痛んだところを修復しておく必要があるでしょう。

 

 

担保不動産の評価額が下がっていたら借金どうなる?

 

不動産の評価額が下がっていて、万が一債務元本を割り込んでいたとしたら、売却しても借金が残ることになります。残債は、今後も返済をしていかなければなりません。

 

 

ただ、不動産担保ローンは、不動産の評価額100%を融資してくれるわけではありません。「評価額の何割分の貸付け」ということになるので、ある程度価値が下落していても借金と相殺することは可能だと思われます。

 

 

5000万円の1年の利息と遅延損害金はいくら?

 

ユニズムで借りた5000万円を、仮に1年返済が遅れた場合、利息と遅延損害金はいくらになるでしょうか?計算してみました。借金の元金が大きいので1年間でもかなりの金額になるでしょう。

 

 

ユニズムの利息が年率9%だとすると、

 

5000万円×9%=450万円

 

なんと、1年間で450万円の利息が加算されてしまいます。

 

 

さらに遅延損害金は20%なので、

 

5000万円×20%=1000万円

 

1年間で遅延損害金が1000万円も加算されます。

 

 

利息と遅延損害金を合わせると、なんとたった1年間の滞納で、借金元本が1450万円も増えることになるのです。

 

 

これが3年間の滞納になると、

 

1450万円×3=4350万円

 

3年間で、借金は約2倍近くに膨らんでしまいます。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

ユニズムで不動産担保ローン5000万円の返済遅れ!どうなるの? ユニズムで不動産担保ローン5000万円の返済遅れ!どうなるの?



ユニズムで不動産担保ローン5000万円の返済遅れ!どうなるの? ユニズムで不動産担保ローン5000万円の返済遅れ!どうなるの?