関東信販の教育ローン200万の返済遅れ!借金はいくら増える?


関東信販で200万円の滞納、借金総額はどうなる?

消費者金融の関東信販では、年率13.98%の利息で最大200万までの教育ローンを融資しています。仮に、200万円の融資を受けてから5年間、返済が遅れた場合、借金総額はいくらになるでしょう?

 

 

まずは利息の計算から。

 

 

200万円×13.98%=27万9600円

 

 

1年間で27万9600円が利息で加算されます。

 

 

これが5年間滞納すると、

 

 

27万9600円×5=139万8000円

 

 

5年間の利息は、139万8000円かかる計算になりますね。

 

 

さらに、滞納には遅延損害金も加算されます。関東信販の遅延損害金は年率19.94%。

 

 

200万×19.94%=39万8800円

 

 

5年間で、

 

 

39万8800円×5=199万4000円

 

 

なんと5年の滞納で199万4000円の遅延損害金が加算されます。

 

 

利息と遅延損害金と借金元本を合わせると、539万2000円。

 

 

凄い金額ですよね。5年も滞納をすると、借金が倍以上に膨れ上がってしまいます。

 

 

そもそも5年も借金を滞納できるの?

 

債務者に、定収入や有形資産があれば、差押えされますが、無収入の一文無しであれば、取立てることはできません。

 

 

「無い袖は振れない」ということですね。その場合には、借金がそのままになってしまいますので、5年間滞納が続くことは十分考えられますね。

 

 

ただし、仕事を始めて定収入が入るようになれば、給与差押えで債権が回収される可能性はあります。

 

 

借金に時効は無いの?

 

今回は5年間という長い期間で利息と損害遅延金を計算しましたが、借金には時効は無いのでしょうか?詳細を調べてみました。

 

 

【借金の時効期間は?】

 

消費者金融からの借金は、5年間債権が放置されることで時効をむかえます。ちなみに、一般人からお金を借りた場合は、10年で時効です。時効を向かえた借金は、時効を相手方に主張することで返済の義務が消滅してしまいます。

 

 

しかし、時効までの間に、督促状の送付や差押えなどの法的手続きが執行されたら、時効は中断して、一から時効までの期間を数えることになります。つまり、債権者が権利を主張(借金返済の請求)をしている間は、時効はカウントされずに、借金は無くならないということです。

 

 

【時効の援用とは】

 

時効期間を経過しただけでは、まだ正式に時効は認められません。債務者が債権者に対して時効を主張した段階で、正式に時効が認められて債務が消滅します。

 

 

ですから仮に、借りていたお金の返済の催促が5年間無ければ、こちらから業者に連絡をして、時効を主張して初めて借金が無くなるわけですね。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

関東信販の教育ローン200万の返済遅れ!借金はいくら増える? 関東信販の教育ローン200万の返済遅れ!借金はいくら増える?



関東信販の教育ローン200万の返済遅れ!借金はいくら増える? 関東信販の教育ローン200万の返済遅れ!借金はいくら増える?